東京は文京区春日に2015年オープンした「アヴランシュ・ゲネー」は、フランスで学んだパティシエ、上霜考二氏が開いたお店です。上霜氏は、2011年に公開された映画「洋菓子店コアンドル」で製菓監修を務めたほどの人物で、アグネスホテル東京「ル・コワンヴェール」でシェフパティシエも務めていました。そんな彼のお店の、お勧め取り寄せスイーツはこちらです。

ギモーヴ

マシュマロにもちもち感を加えたような不思議な味わいのギモーヴ。「アヴランシュ・ゲネー」のギモーヴは、そのカラフルな色使いがなんとも艶やかです。それはスポーツベットアイオーのようなサイトで遊べる、スロットゲームの華やかさにも全く引けを取らないほどです。そんな美しいものが、芳醇な香りと深い味わいを口の中に残すなんて、何とも素敵じゃないですか。